大阪から始まるSDGsビジネス「OSAKA SDGs BUSINESS MEET-UP(FINAL)」に選定されました
〜FINAL「資金調達編」〜

180株式会社
ワンエイティー株式会社
2020年2月18日

大阪府主催、りそなグループ共催で行われる「OSAKA SDGs BUSINESS MEET-UP(FINAL)」へ弊社事業が選定されました。

▼ SDGs Business Meet-Up

https://www.osakasdgsbusinessmeet-up.com/

 

大阪府では、2025年大阪・関西万博の開催を踏まえ、府内企業が持続可能な開発目標(SDGs)の達成に本業で取り組む「SDGsビジネス」の創出・成長を支援するため、SDGsビジネスに挑戦する府内企業の方と、これに関心の高い支援者(以下、「サポーター」という)の方とを結びつけるビジネスマッチング事業(以下、「SDGs Business Meet-Up」という)とSDGsビジネスの事例をSDGsのゴールごとに整理する「SDGs Businessマッピング」事業を実施いたします。

「SDGs Business Meet-Up」では、サポーターの支援内容ごとに実施するもので、今年度は6回程度の実施を予定しています。

▼ WALL SHARE(ウォールシェア)概要

ウォールシェア

https://wall-share.com/

 

ウォールシェアは、今まで価値のなかった壁に経済価値を生み出すべく「ウォールアート広告」を創り、社会問題であった「落書き」を逆手にとり価値観を180度覆すシェアリングエコノミーサービスです。

 

アーティストと企業をマッチングすることでウォールアート広告を創り、新しい企業価値の発信を行うとともに、アーティストの雇用創出や発表の場の提供をめざします。また、アプリやウェブサイトでウォールアート広告と位置情報を発信し、国内外の観光客に「街の美術館」を巡るような体験を提供することで、地域活性・地方都市の観光化を図ります。

 

壁に描かれるアートの背景や制作の過程なども発信し、プロモーション効果を高めます。

今まで価値の無かった壁から新しいアートを目掛けて人々がワクワクしながら足を運ぶきっかけを創り、持続可能な地方創生をめざします。