メッセージ

Corporate Message

ご挨拶

Message

 アメリカで一番に学んだこと

20歳のとき、ホームレスからハーバード大学へ進学し、人生の大逆転を果たした1人の女性をテレビで知ることが、自身の人生を大きく変えました。彼女の名はLIZ MURRAY(リズ・マレー)。ニューヨークで生まれ育った彼女は、薬物依存で生活保護を受けている母と姉の3人暮らしで育ちました。しかし、最愛の母も病気になり他界、彼女の選ぶ道はホームレスになるしかありませんでした。

ただ、やはりアメリカ。
信じる者は報われる国 (アメリカンドリーム)です 。ニューヨークタイムズ紙が援助する倍率500倍の奨学金制度に応募し見事合格、進学。無事にハーバード大学を卒業し、心理カウンセリング会社を設立し成功を納めています。この僅かなきっかけからでしたが、アメリカに強く惹かれ、周りの反対を押し切り22歳のときに単身渡米をしました。日本社会のレールからは大きく逸れましたが、アメリカの地で信じた道を進むことで、日本では得られなかった経験、価値観の違いを多く学ばさせていただきました。

 もっと、日本人らしく

アメリカではあらゆる事情を持ち渡米をしてきた人、戦争で母国を捨てざるを得ずして移住をしてきたアサイラム(亡命者)の人、異国で奮闘する外国人起業家との出会いがありました。人生を強く生き延びる術、必死に取り組む彼らの姿を見て、日本人としてのアイデンティティを強く問うようになりました。またご縁いただきKYOCERA NORTH AMERICA立ち上げの立役者、MIKE KAWAMURA様のお話をアメリカで直々に聞かせいただいた経験は、自身の考え方を見つめる大きなきっかけとなりました。もっと、日本人らしくあることが価値なんだと。

 Social Good!な世の中へ

国を跨げば価値観は大きく異なります。僅かなきっかけから自身も多くの学びを得られたように、次は事業を通してヒト/モノの在り方をを良くするきっかけを創りたい、そんな想いを抱くようになりました。そしてIT先進国アメリカで強くインスピレーションを受けた情報技術分野、ビジネスを手段として社会課題を解決するソーシャルビジネスで価値観を180°覆す事業をデザイン、クリエイトすることを使命とし180(ワンエイティー)と命名しました。思わぬきっかけから人生は好転するものです。ダメなことや無理そうなことを真っ向から否定するのではなく、 グローバルな視野とアイデアを持ち、価値転換(180°)を実行する社会課題解決クリエイターとして180は挑戦し続けます。

180株式会社

代表取締役

上仲 昌吾(SHOGO UENAKA)