大阪の地元紙「大阪日日新聞」大阪ニュースにて、道頓堀アートサミットの記事を掲載いただきました
〜「ウォールアート」6組の作家が表現 道頓堀川遊歩道〜

180株式会社
ワンエイティー株式会社
2019年7月17日

2019年7月17日(水)大阪の地元紙『大阪日日新聞』大阪ニュースにて、弊社の主力事業である壁のシェアリングエコノミー「ウォールシェア」の記事を掲載いただきました。

 

大阪日日新聞

https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/

190717/20190717035.html

▼ 大阪日日新聞(記事)

大阪市中央区の道頓堀川遊歩道「とんぼりリバーウォーク」のフェンスにアート作品が設置され、鮮やかな“ウォールアート”に変身した。「元気な大阪らしさ」をテーマに、6組のアーティストが描き上げた力作が遊歩道を彩り、観光客らが足を止めて楽しんでいる。

 

 市から管理運営を受託する南海電鉄(同市浪速区)と、「空き壁」を利活用したアート作品で広告を作る「ウォールシェア」を展開する180(ワンエイティー、神戸市)が連携した。ウォールシェアは、落書きを抑制する効果も期待される。

 

 関西を拠点に活動するアーティストたちが6、7の両日で作品を完成させた。北側は文字をベースにした「グラフティアート」、南側は人や物で表現する「ペイントアート」の作品が設置された。「OSAKA」や、大阪の食文化を代表するたこ焼きなど“大阪らしさ”が詰まったアート作品が並ぶ。

 

 ワンエイティーの上仲昌吾CEO(28)は「外国からたくさんの人が訪れる大阪で、世界的に有名なアートスポットに育っていけばうれしい」と期待を寄せる。

▼ WALL SHARE(ウォールシェア)概要

ウォールシェア

https://wall-share.com/

 

ウォールシェアは、今まで価値のなかった壁に経済価値を生み出すべく「ウォールアート広告」を創り、社会問題であった「落書き」を逆手にとり価値観を180度覆すシェアリングエコノミーサービスです。

 

アーティストと企業をマッチングすることでウォールアート広告を創り、新しい企業価値の発信を行うとともに、アーティストの雇用創出や発表の場の提供をめざします。また、アプリやウェブサイトでウォールアート広告と位置情報を発信し、国内外の観光客に「街の美術館」を巡るような体験を提供することで、地域活性・地方都市の観光化を図ります。

 

壁に描かれるアートの背景や制作の過程なども発信し、プロモーション効果を高めます。

今まで価値の無かった壁から新しいアートを目掛けて人々がワクワクしながら足を運ぶきっかけを創り、持続可能な地方創生をめざします。

▼ 会社概要

商号   : 180(ワンエイティー)株式会社
代表者  : 代表取締役 上仲 昌吾
所在地  : 〒651-1245 兵庫県神戸市北区谷上東町1-1
設立   : 2018年8月
事業内容 : 壁のシェアリングエコノミー / インバウンド動画制作

URL    :https://180-inc.com/

▼ 本件に関するお問い合わせ

企業名:180(ワンエイティー)株式会社
担当者名:上仲(うえなか)
TEL:070-4449-1134
Email:info@180-inc.com